2006 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312006 09
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  またまた    2006.08.24
「時を駆ける少女」のアニメ映画を見ました。
なんと2回目。2回目も良かった!
監督は細田守氏。
美術監督は「もののけ姫」も手がけた山本二三氏。
キャラクターデザインはエヴァの貞本義行氏。
ストーリーも声も音楽も背景も、全部気に入った!
2回目の方が、ストーリーをしってて安心していたのもあり
背景画の綺麗さや、アングルの良さをじっくり堪能できました。
背景はあんなにリアルで表現豊かなのだけど、
やっぱり実写とは違った美しさが、絵ならではといったかんじ。
情緒があるのに、余計な表現が省かれているから
ひと夏の青春(の思いで?)をえがいたこの映画にぴったりだ!と思ったりもしました。
爽やかな青春ものがお好きな方はきっと気に入るはず!

で、その後束芋展を見に
原ミュージアムに行きました。(これもすごく良かった!)
やっぱりトキカケのタイムリープのシーンは
常設展示の宮島達夫の
デジタルカウンターの空間にそっくりでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。