FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  秋ということで    2005.09.26
寒くてくしゃみが止まりません、梅丸です。

研修はとっくにおわり、あとはまとめの報告書を書くばかり。メンドウダ。
着実に秋に近づきつつある今日この頃。
芸術の秋、食欲の秋!梅丸は文化祭の準備でてんてこ舞いです。

昨日ツタヤで「バリー・リンドン」を借りてきました。
スタンリー・キューブリック監督作品。
この作品で、キューブリックはNASAが人工衛星写真用にドイツのツァイス社に開発させた50㍉F0.7レンズを使用して、18世紀の、蝋燭に照らされる室内を見事に表現したそうな。普通のレンズなら暗くて映るはずのない、蝋燭のみを光源にした室内が綺麗に映ってる。まさに照明のリアリズム!
彼は映像の「レオナルド・ダヴィンチ」とまで言われたそうな。超天才ってことですね。何もかもが徹底してる。(爪のアカを煎じて飲みたい)
美しい映像でしたっ。すげーよぅ。

わたしは今まで、名作と言われる物をほとんど見てこなかったので、
これからは出来るだけ(一週間に一本見れればいい方ですが)名作を見て目を肥やしたいと思います。

次借りるのはたぶん、キューブリックの「時計じかけのオレンジ」

最近見た映画の中で一番印象に残ったのが
アナンド・タッカー監督作「本当のジャクリーヌ・デュ・プレ」
あれも借りてもう一度みたいです。
音楽も色も綺麗でした。ストーリーは哀しいやらショッキングやら。泣きました。
ジャクリーヌのチェロが奏でるエルガーの音楽が耳に残って離れなくなります。
オススメー!
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://muscatbreak.blog17.fc2.com/tb.php/19-18b31941
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。