2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  最近のタルタル2    2008.11.01
niku.jpg

これがどんな絵かというと・・・

最近あったいやなことを思い出して、発作的に隣のタルタルの服(実は腹の肉)をねじりつかむタルタル。
最近疲れぎみの友人のタルタルに突然腹をつかまれてびっくりするタルタル。

という絵です。

リアルでテンパってるときに、テンパってるタルタルを描くと落ち着くのは何故だろう。
最初はおもっくそ泣き顔のタルタルを描いてみようとおもったんですが、
やっぱりタルタルは「キィィーーー!」と声出しながら悔しがって
やっぱり、「ムキィィーー!」っと言いながらやけ食いして、
ケロっとした顔してヨウジでシーシーしてるのがお似合い。
私は基本的に単純な性格のせいで、こんなにもタルタルが好きなのかもです。
単純って、結局一番強いんです。勇気づけられるわぁ。

タルタル~~、愛してるよ!
  最近のタルタル    2008.09.29
コロロカ
タルタルinコロロカ。
  またまたアニメーション    2008.06.11
ミシェル・オスロ監督の、「アズールとアスマール」をDVDで借りて見ました。
人物(顔)のみCG、背景などは絵で表現されてます。
見る前はCGに抵抗あるかも・・・と思っていたのですが
背景の絵の美しさとCGの絶妙なマッチにため息もの!
そのまま額縁に入れて飾りたい。

ストーリーも単純だけどいいです。単純だからこそいいのかも?
一番魅力的なキャラクターは、姫だと思う。
じっとしていられないっていう、あの元気のよさがかわいいのなんの。
アニメーション好きな方に、お勧めです。

<<今見たいアニメーション作品>>
「ペルセポリス」
http://persepolis-movie.jp/
イランで生まれ、青春を過ごした監督自身のノベルをもとにつくられた、自伝的アニメーション映画です。
ロックにはまったり、おしきせの規則に反抗したりと、少女マルジの青春を通して、私たちからは文化的、社会的になじみなく感じるイラン(例えば、女性の肌を隠すスカーフの着用義務など)を背景に、普遍的な少女の成長を描き出した作品なのだそうです。
まだイラストしか見ていませんが、白と黒のスタイリッシュな画面と愛嬌あるキャラクターの表情にたいへんインパクトがあり、とても魅力的です。
  名作ふたたび    2008.05.08
宮沢賢治原作の「グスコーブドリの伝記」が再びアニメ化されるそうです。
「銀河鉄道の夜」と同じく、ますむらひろしさんのキャラクターデザインで、
擬人化されたネコです。(ジョヴァンニ、なぜこんなところに!)

製作は株式会社グループ・タック、監督は杉井ギサブロー、脚本は村井さだゆき。2009年春完成予定だそうです。

梅丸はかなり楽しみにしています。
「銀河鉄道の夜」のような幻想世界ではないけど、今回も音楽はあの細野晴臣さんだといいな!
いや、そうでなくても見たいけど、でも「銀河鉄道の夜」が印象に残ってるからつい期待してしまう・・・っ!

グスコーブドリ


長編アニメーション映画『グスコーブドリの伝記』が発表・展示された、
東京国際アニメフェア2008のグループ・タックブース[No.J-24]の様子。
  メェェ、ガリガリ    2008.05.08
梅丸です。
自分のかいたイラスト・最近聞いてる音楽・愛すべきアート系アニメーション紹介の三つに絞って
このブログをかいてゆきます。


最近、音楽の中毒性に気づき始めました。まだ、音楽ないとダメって程でもないですが、音楽はいい。
元気を出したい時はロックを!
というわけで、またyoutubeで拾っては投げ拾っては投げ。

今回はポストロックのバンドで「baffalo daughter
ゴールデンウィークにライブ行ってきました。
ノリに近いかたちで行ったのですが、生音聴いたらもう!好き!
今年はいっぱいライブがあるそうな。是非、また行きたい。



Youtubeで見つけたプロモ。これぃぃわホレタ(*´д`*)
山本ムーグさんがいい味だしてます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。